従業員と共に

従業員とのコミュニケーション強化

より良い職場環境の実現を目指し、従業員の声と向き合う取り組みを推進しています。

わくわくファミリーデー


タカラレーベンでは従業員を日々サポートしてくれている家族の皆さまに感謝の気持ちを伝えるとともに当社を知っていただく機会を提供することを目的に、さまざまなイベントを開催しています。2019年8月に本社で行われた「わくわくファミリーデー」では、24家族84名が参加し、縁日、写真立て工作ワークショップ、名刺交換体験などのプログラムを通して、夏休みの楽しいひとときを過ごしました。

わくわくファミリーデー

「四万十川水泳マラソン大会」「マツヤマお城下リレーマラソン2019」


タカラレーベングループは、地域のスポーツイベントへの参加を通して、地域振興に協力するとともに、従業員同士が交流する機会を創出しています。タカラレーベン西日本では、従業員が日本最後の清流「四万十川」を泳ぎ下りながら、大自然と触れ合い、自然保護の大切さを考える「四万十川水泳マラソン大会」(2019年7月28日)に参加しました。また愛媛県松山市中心部の周回コースを、仲間とたすきをつないで走る「マツヤマお城下リレーマラソン2019」(2019年10月12、13日)では、役員・従業員によるチームでフルマラソンと同じ42.195㎞を完走しました。

「四万十川水泳マラソン大会」「マツヤマお城下リレーマラソン2019」
「四万十川水泳マラソン大会」「マツヤマお城下リレーマラソン2019」

SPORTS FESTIVAL


当社グループでは、2018年よりSPORTS FESTIVAL(会場・さいたまスーパーアリーナ)を開催し、障害物競走やリレー競走、綱引きなどの競技を通じて、従業員の職場やグループの垣根を越えた交流と健康づくりを促進しています。
2019年10月24日の第2回 SPORTS FESTIVALでは、大縄跳びやドッジボールなど新種目が加わったほか、競技以外にも体力測定、子ども向け科学実験ショーといったさまざまな新企画が実施され、大勢の従業員とその家族が楽しい一日を過ごしました。

booklet-pg24-4
booklet-pg24-5
booklet-pg24-6

全従業員人事面談


労働環境や職場環境を改善し、従業員が「この会社でずっと働きたい」と思う環境を整えるため、全従業員を対象とする人事面談を実施しています。残業時間削減のための情報収集や従業員のキャリアプランの把握により改善施策を検討するとともに、相談しやすい関係性の構築を目指しています。