社会貢献・復興支援活動

TABLE FOR TWO

国際的な食の格差問題の解消を目指すNPO法人「TABLE FOR TWO International」に継続的に寄付を行っています。2018年11月から、ダイバーシティ推進の一環として運営する障がい者が働く農園「レーベンヴィレッジ」で収穫した野菜を社内の希望者に配布する際に、1袋につき20円を募金しています。2019年度は2019年6月に11,870円、9月に9,847円、2020年1月に18,257円、3月に23,023円を寄付しました。

NPO法人「TABLE FOR TWOInternational」

ツール・ド・東北(TOUR de TOHOKU)2019

「ツール・ド・東北」(主催:株式会社河北新報社、ヤフー株式会社)は、順位やタイムを競うレースではなく、楽しく走るファンライド形式の自転車イベントです。このイベントの収益の一部とYahoo!ネット募金での寄付金などは基金として積み立てられ、東日本大震災の被災地域の復興や記憶の風化を防ぐ活動への助成金として活用されます。タカラレーベングループは、2015年から協賛・参加し、「ツール・ド・東北2019」(9月14、15日)にも、タカラレーベンから3名、タカラレーベン東北から5名が出場しました。

スタート地点の様子

神宮外苑花火大会

2019年8月10日に開催された「神宮外苑花火大会」に初協賛しました。2011年以来、「神宮外苑花火大会」は東日本大震災復興支援のため、収益の一部を義捐金として、被災地に届ける活動を続けており、また、熊本地震からの復興を祈るチャリティー活動も行っています。
当日は10,000発の花火のうち400発を提供したほか、会場内でのCM放映、コーポレートロゴの掲出、記念うちわの配布などにより、タカラレーベンの被災地への想いを伝えました。

明治神宮野球場

神宮外苑花火大会

タカラレーベン東北の清掃活動

タカラレーベングループでは、不動産を通じ、地域社会の発展に貢献する企業を目指す取り組みとして、各社が社会貢献活動に取り組んでいます。タカラレーベン東北では、暮らしの舞台となる街を少しでも美しくするために、本社前の青葉通やマンションの建設現場周辺の定期的な清掃を行っています。

タカラレーベン東北の清掃活動の写真

タカラレーベン東北の清掃活動の写真

東北絆まつり2019 福島

タカラレーベンおよびタカラレーベン東北は、東日本大震災の鎮魂と復興を願う「東北絆まつり」に協賛しています。「東北絆まつり」は、東北の代表的な夏祭りが一堂に集結し、東北がひとつになって復興を目指す姿を発信する大型イベントです。東北6県の持ち回りで開催されており、「東北絆まつり2019 福島」(6月1日、2日)では、308,000名の来場者がありました。
タカラレーベングループは引き続き、グループ企業が拠点を構え、多くの物件を抱える東北地方のさらなる復興と未来へ向けた発展を応援していきます。

東北絆まつり2019 福島
東北絆まつり2019 福島

東北・みやぎ復興マラソン2018

タカラレーベンおよびタカラレーベン東北は、「東北・みやぎ復興マラソン2018」(主催:株式会社仙台放送、一般財団法人宮城陸上競技協会)に協賛し、東北の復興を支援しました。2018年10月13日、14日、宮城県で行われた当イベントに当社従業員がランナーとして参加し、42.195kmを完走しました。

スタート直後のランナー
イベントを盛り上げる太鼓の演奏