多様化した暮らしのあり方を捉えたマンションの供給

都市型コンパクトマンション「NEBEL」

近年、共働き世帯や単身世帯の増加により、住まいへの需要が変化し、広さよりも都心や駅に近いなど利便性の高い物件へのニーズが高まっています。タカラレーベンはお客さまのこうしたライフスタイルの変化に合わせ、単身者・DINKs向けの都市型コンパクトマンション、「NEBEL」シリーズの提供を開始しました。

当シリーズは、当社がこれまでのマンション分譲事業で培ってきた、ものづくりのノウハウを最大限に生かし、多様化した暮らしのあり方を捉えた都市型コンパクトマンションブランドです。現在供給しているファミリーマンションのデザイン性や仕様、設備のクオリティを本コンパクトマンションでも踏襲し、これまでに巣鴨、戸越公園、板橋、恵比寿などに「NEBEL」シリーズを展開しています。今後も、現代のライフスタイルなど社会のニーズに合わせた物件の供給により、より一層お客さまの充実した暮らしを支えていきます。

nebel buildings
  • ホーム
  • CSR
  • 多様化した暮らしのあり方を捉えたマンションの供給