安心・安全の追求

工程内検査の徹底

安心して長く暮らせる住まいを提供するために、タカラレーベングループでは、工事段階での厳しいチェックを行っています。定期的に担当者が現場で躯体や隠蔽部・下地・仕上げなどについて工程内チェックを実施し、徹底した品質管理に努めています。

工程内検査の徹底

(イメージ)

住宅性能評価書を取得

タカラレーベンでは、国土交通大臣から指定された第三者機関による「住宅性能評価書」を取得し、お客さまに提供する住まいの安心を高めています。この評価書を取得するには、「地震や火災などに対する強さ」「劣化のしにくさ」「エネルギー消費量」「メンテナンスのしやすさ」などについて、設計段階で性能評価を受けた上で、5回以上にわたる現場検査を受けながら工事を進め、完成時の厳しい性能評価をクリアする必要があります。

住宅性能評価書を取得

耐震・耐火構造

堅牢な耐震構造

マンションの施工においては、地中の支持層まで強固な杭を直接打ち込む「杭基礎」や、直接強固な地盤に支持させる「直接基礎」、また、地震のエネルギーを分散させ、大きく長い揺れを低減する免震装置など、地盤の性状や支持力に合わせ最適な工法を採用することにより、建物の耐震性を高めています。

戸建て住宅の施工では、設計の自由度が高く将来的な増改築などの変化にも柔軟に対応可能な木造軸組工法と、耐久性・安全性に優れ地震や災害に強いパネル工法を採用しています。また、建物を支える床面全体に鉄筋コンクリートを敷き詰める「ベタ基礎」方式を標準で採用することで、高耐震・高耐久工法による強固な基礎を構築しています。

優れた耐火構造と遮音性能

マンションの施工に防災性の高い部材を使用しています。耐火性能、遮音性能の基準が法令により定められ、耐火性能、遮音性能が強く要求されるマンションの戸境壁(住戸と住戸の間を区切っている壁)のコンクリート厚については、約180mm確保しています。また居室に面するパイプスペースの配管部分に防火防音措置工法を採用しています。

無事故への取り組み

タカラレーベングループでは、職場や建設現場での労働災害の撲滅に努めています。

安全衛生パトロール

建築工事を担う日興タカラコーポレーションでは、各建設現場における毎月1回以上の安全衛生パトロールを通して、より安全な現場の実現に取り組んでいます。月例・日常点検や有資格者の配置といった安全衛生管理の実施状況を確認するとともに、安全訓示等によって安全意識の高揚を図っています。
また、四半期に1回、経営トップと協力会社による合同の特別パトロールを実施しています。2020年7月には、建設現場の場内整備や災害防止活動の実施状況などの確認以外にも、「熱中症の予防策の徹底」「危険軽視を見逃さない職場風土づくりの推進」なども目的に特別パトロールを実施しました。

安全衛生パトロール

安全大会

日興タカラコーポレーションでは、産業界における自主的な労働災害防止活動を推進し、広く安全意識の高揚と安全活動の定着を図ることを目的に実施されている「全国安全週間」(厚生労働省)に合わせて、オフィスと作業所が緊密に連携しながら、三大災害(墜落・転落災害、建設機械・クレーン等災害、倒壊・崩壊災害)防止策をはじめとする安全衛生管理活動の強化に取り組んでいます。また同社では「全国安全週間」を前に、役員・従業員、協力会社が一堂に会する「安全大会」を開催し、安全衛生管理のさらなる推進を図っています。なお、2020年度は、新型コロナウイルス感染防止のため、「安全大会」の開催は見送っています。

安全大会

※ 2019年度の様子

最適な構造・設備のセレクト

床や扉、水回りなどの内装だけでなく、二重床・二重天井、パイプスペースの配管部分など建物内部の構造に至るまで、その土地、そこに住むお客さまに合わせて、物件ごとに仕様を変え、最適な構造・設備を組み合わせています。

最適な構造・設備のセレクト

物件ごとに最適な設備を導入

仕様一例

(概念図)

レーベンコミュニティにおける危機管理体制

レーベンコミュニティでは、マンション居住者の安心・安全な暮らしを守るために、盤石な危機管理体制を整えています。

安全管理

マンションの諸設備に異常があった場合は、遠隔監視システムによって、すぐに電話回線を通じて警備会社へ情報が送られます。そして必要に応じて、巡回の警備スタッフによる緊急対応が行われます。また、エレベーターや消火設備などのトラブルに対しては、点検やスタッフの研修を実施することで、いざという時に的確に対応できる体制を整えています。

安全管理

大規模災害時の対応

2011年3月に発生した東日本大震災では、即座に緊急地震対策本部を設置し、速やかな初期対応を実施しました。また、震災復旧工事の際は、迅速・安心・誠実の理念のもと、設備や修繕について培われた知識・技術を活かし、各管理組合の目線に立ったサポートを実施しました。

大規模災害時の対応

大規模物件における危機対応

2020年度、レーベンコミュニティは長年の経験をもとに、各地で大規模マンションでの新型コロナウイルス感染対策に取り組みました。
約1,100世帯が暮らす「パークシティ溝の口」(神奈川県川崎市)でも、管理組合、自治会、管理防災センターと協力し、感染を徹底して予防するとともに感染者の発生に備えるために組織的な危機対応を行いました。具体的には午前と午後の各1回、居住者が日頃よく手を触れるエレベーター内の押しボタンや手すり、インターホンパネル、ドアノブなどの消毒作業を行い、徹底した感染対策に取り組みました。そのほかに、居住者には、家庭内での感染対策(換気、不要不急の外出自粛など)、マンション敷地内での注意事項(マスクの着用、エレベーター内の会話自粛、感染リスクを減らすゴミの捨て方など)を細かく呼び掛けました。
また「感染したのではと感じた場合」「感染がわかった場合」に必要な情報をわかりやすく整理して伝えることで、適切な行動を促しました。加えて、これらの感染防止の取り組みの集大成として、「感染予防のしおり」を作成して、居住者に配布しました。このしおりでは感染対策のほかに公的機関の相談窓口、敷地内にある感染症専門医院の紹介、周辺のテイクアウト、デリバリー対応店の紹介や還付金詐欺への注意喚起なども記載し、コロナ禍での暮らしを幅広く支援しました。

大規模災害時の対応

大規模災害時の対応

防災対応

防災訓練

レーベンコミュニティでは、マンションにおける居住者の皆さまのコミュニティの安心・安全をサポートしています。その代表的な活動の一つが、大規模マンションを中心に管理組合と連携して実施している防災訓練です。お年寄りやお子さまを含む居住者の皆さまにとって、いざという時にマンションに備えられた消防設備などを適切に利用したり、正しい避難経路から迅速に避難したりすることは簡単ではありません。防災訓練では、高層階からの階段を使った避難だけでなく、はしご車を使った避難、バルコニーの隔て板を蹴り破っての避難、消火器を使った初期消火などを実際に体験していただきます。2020年度は、コロナ禍でも3密を避け、人数制限等により実施規模を一部縮小するなどの工夫をしながらも、非常用飲料水生成システムの説明会および点検の立ち合いなどを実施しました。引き続き、各マンションの実情に合った防災訓練を通して、コミュニティの防災力の強化に取り組みます。

防災訓練

守谷防災イベント

タカラレーベングループは、マンションの居住者および近隣住民の皆さまと共にコミュニティの防災意識を高める活動を進めています。2019年11月には、「レーベン守谷 THE BRIDGE」「レーベン守谷 THE SQUARE」(茨城県)と松並西町会の皆さまを対象に防災イベント「体感型 防災アトラクション®」を開催しました。2015年3月の「第3回 国連防災世界会議」で新しい防災教育として誕生したこのプログラムは、通常の避難訓練とは異なり、大型スクリーンの臨場感あふれる演出で災害を疑似体験しながら、仲間と協力して避難準備ミッション、避難行動ミッションをクリアし、制限時間内に安全確保ゲート(脱出成功)を目指すというものです。当日は、120名の参加者が楽しみながら、防災の知識と互いに連携し合うことの大切さを学びました。

守谷防災イベント