居住性の追求

「レーベン検見川浜GRANVARDI」プロジェクト

JR 京葉線「検見川浜」駅から約160mの場所に位置する「レーベン検見川浜GRANVARDI」(千葉県)は駅を港に停泊する大型客船を思わせる総戸数288戸の大規模集合住宅です。

大規模マンション開発では、共用部をどのように考えるのかが大きなテーマとなっています。同マンションは、あらゆる年代が楽しめる10種類の共用空間(スポーツジム、キッズルーム、ランドリールーム、パーティルームなど)が広すぎずちょうど良いスケール感で、なおかつ将来の可変性も視野に入れて設計されています。また住戸プランについても、共働き世代、子育てファミリー、シニアといった幅広い世代を想定して多彩なバリエーションが用意されています。

GOOD DESIGN AWARD 2021

「レーベン検見川浜GRANVARDI」プロジェクト

「きれいな空気・空間」を提供するマンション

タカラレーベンは、新しい生活環境に合わせた新しい価値を持った住まいを提案し続けます。人々の健康や感染症予防への意識が高まり、より清潔な住まいが求められる中で、「きれいな空気・空間」を提供する新築分譲マンションを展開しています。
各戸の天井には、気になる生活臭を抑えるために、ニオイの元を分解し、脱臭する微粒子イオンを発生させる「エアイー」(パナソニック株式会社)が標準搭載されています。また居住者が生活する空間を包み込む内装材料には、抗菌・抗ウイルスのためのさまざまな工夫が施されています。全戸の壁、天井には、抗ウイルス剤コーティングによりウイルスの数を減少させる効果を持った素材が使われています。壁、天井に貼るクロスの表面も抗菌剤でコーティングされ、付着した細菌を減らす効果を備えています。さらに床のフローリングについても、SIAA(抗菌製品技術協議会)から抗菌加工の認証を取得したフローリング用化粧シート「101 REPREA®」(凸版印刷株式会社)によって、菌の増殖が抑えられています。全戸の建具にも、SIAAから認証を受けた抗菌・抗ウイルス剤コーティングが採用されています。
「きれいな空気・空間」を提供するマンションとして、埼玉県北戸田駅エリアの物件「レーベン北戸田 ATOMOS」、「レーベン北戸田LUMINOUS」、「レーベン北戸田 SOLID」を供給しました。

「きれいな空気・空間」を提供するマンション

独自のウォーターシステム「ルイック」プロジェクト

「ルイック」プロジェクトは、生活のすべてに浄活水を利用できるタカラレーベングループのオリジナルウォーターシステムです。2008年に誕生して以来、当社が分譲する自社ブランドマンションの全シリーズに採用され、暮らしの基本となる「水」を変えることで多くの皆さまの暮らしを変えてきました。「ルイック」プロジェクトは、常に新技術を取り入れながら進化を続けてきました。現在は、家中の蛇口から浄活水が利用できる「たからの水」、浴槽に浸かるだけで超微細な気泡による洗浄・温浴効果を得られる「たからのミラバスビジョン」、ウルトラファインバブルを含んだ水が肌や髪質を整える「たからのミラブルシャワー」で構成されています。「たからのミラバスビジョン」はゆらぎ浴やスポットケアといった機能を取り揃え、さらに、活性化させた酸素原子で浴槽内の汚れを落とす「マイクロイオニー」機能を新たに搭載しました。

独自のウォーターシステム「ルイック」プロジェクト

独自のウォーターシステム「ルイック」プロジェクト

独自のウォーターシステム「ルイック」プロジェクト